fc2ブログ

北海道,そして日本の明日の医療を考える A企画

日本の医療を崩壊の瀬戸際から救う手だてはあるのか.それを真剣に考えるA企画です.

医療はサービス業か?

 今年(平成20年)の3月20日に「のりゆきのトーク・デ・北海道」をテレビで見ていたら、「医療はサービス業か」ということが話題になっていたので、このことについて考えてみたい。

  医療はサービス業か、否か。時々、私の間では話題になることがある。
 果たしてどうなのだろうか。
 あらゆることばがそうであるように「サービス業」という言葉にもいろいろなニュアンスを引きずっている。

 いやな言い方をすれば、医療はサービス業であるのだから、とにかくお客様、というか「患者様」にへりくだり、何でも言うことを聞いて上げる、そのようなイメージを持っている方もいらっしゃるのではないだろうか。

 また、イメージ的には私はセブンイレブンのようなコンビニを想起してしまう。24時間365日、お客(患者)がいつ来られても対応する。それがサービス業なのか。サービス業というのはそのようなことなのか.

 「コンビニも24時間いつでもやっている。病院もそうでなくてはならない」という市民の声も聞かれる。

 しかし、コンビニは24時間できるように、人をきちんと配置している。朝から働いている人を、夜もそのまま働かせるようなことはしていない。そんなことは、不可能だし、労働基準法もある。9時間以上連続して働かせるようなことは禁じられている。
 また、コンビニはもちろんお金を支払っている。夜は時給を高く設定して従業員を募集している。これは当たり前である。常識である。

 今の救急をやっている地域の基幹病院の勤務医のように、24時間連続勤務、36時間連続勤務、などというのはあり得ない。医療という業種上、患者の容態が思わしくなく、そのくらい連続勤務をすることが致し方なく生ずるのであれば、それもありであるが、それが常態化しているのであればナンセンスであろう。

 病院側があくまでも、コンビニエンスストアのようなサービスを目指すというのであれば、瞬間的に人の手当、つまり、医師数、看護婦の数を2倍から3倍にしなければならないし、そうでない状態で働く必要もないのではないか。

 続く 以下クリック
http://consultanthokkaido.web.fc2.com/ZZZ/Service/Service.html
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://consultanthokkaido.blog103.fc2.com/tb.php/21-62d9e579

 | HOME | 

 

プロフィール

JinDaijirou

Author:JinDaijirou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん