fc2ブログ

北海道,そして日本の明日の医療を考える A企画

日本の医療を崩壊の瀬戸際から救う手だてはあるのか.それを真剣に考えるA企画です.

接骨院・整骨院、保険対象外も請求? ケガ数など不自然・・・・この問題の本質は何か?

接骨院・整骨院、保険対象外も請求? ケガ数など不自然
2008年06月01日03時01分

 正規の記事はこちらクリック
 http://consultanthokkaido.web.fc2.com/ZZZ/Seikotuin/seikotuin.html

 接骨院や整骨院で柔道整復師の治療を受けた患者の2人に1人が3カ所以上のケガをしていたとして、健康保険の請求が行われていることが厚生労働省の調査でわかった。1人あたりのケガ数が不自然なほど多く、「保険のきくマッサージ施設と勘違いしている利用者を、けが人として扱い、不正請求する柔整師が多いことをうかがわせる」との声が業界内からも出ている。

 厚労省は、07年10月中に申請があった柔整師の保険請求のうち、7万サンプルを抜き出して調査。このほど集計がまとまり、朝日新聞の情報公開請求に応じた。

 それによると、3カ所以上のケガがあったとする請求の割合は00年の32.5%から増え続け、今回初めて50.5%と半分を超えた。内訳は3カ所が44.7%、4カ所以上が5.8%だった。4カ所以上だとケガの理由を具体的に書く必要があり、3カ所に集中したとみられる。

 都道府県別にみると、3カ所以上の請求は西日本で目立つ。大阪、奈良、徳島の3府県は80%以上。一方、岩手、山形両県は10%台と低く、業界団体の幹部でさえ「ケガの数の多い地域は、不正請求の割合が多いと推測せざるを得ない」という。
 本来、柔整師の保険請求が認められるのは、骨折、脱臼、ねんざ、打撲、肉離れだけで、肩こりや、加齢による腰痛などは請求できない。

 しかし、保険対象外の肩こりや腰痛をねんざと偽って不正請求する例が後を絶たない。西日本のある国民健康保険組合は、首、肩、股関節のねんざで治療を受けたという50代の女性に問い合わせたところ、単なる肩こりと判明。不正請求と知った女性は「マッサージが上手だと聞いて何度か利用したがもう行かない」と話した。

 不正が横行しているとみる健康保険組合は少なくない。「一つひとつの請求は多くて数万円だが、それが大量に来る。厚労省が示すケガの基準があいまいなこともあって、おかしいと思って指摘しても柔整師はなかなか認めない。結局、単価が高い医科の点検を優先し、柔整師の不正は見逃しがちだ」(大手健保)

 不正請求が発覚すると悪質な場合は、都道府県が保険請求を停止する行政処分を出す。身に覚えがない架空請求は、患者も医療費通知で不正とわかるが、単なる肩こりをねんざと装ったり、1カ所のケガを3カ所で請求したりすると、保険制度に詳しくない患者には不正とわかりにくい。こうしたこともあって、07年度中に柔整師に対する保険請求停止は全国で16件にとどまった。

 骨折、脱臼の保険請求には医師の同意が必要だが、ねんざや打撲は必要なく、請求はこの二つで99%を占める。
 厚労省の推計によると、柔整師にかかった患者の治療費は05年度で約3100億円。これは開業医の皮膚科、産婦人科を上回る。近畿大学医学部の浜西千秋教授(整形外科)は「マッサージのような行為に公的保険が使われているなら、一番の被害者は保険料を払う国民だ」と指摘する。

 背景には柔整師の急増がある。07年度は10年前の5倍近い5069人が国家試験に合格。接骨院などの施術所は、06年末までの10年で4割強増えて3万を超えた。
- -
 柔整師が患者に保険制度を説明するよう促す仕組みが6月から始まるが、不正請求の歯止めになるかは未知数だ。

正規の記事はこちらクリック
 http://consultanthokkaido.web.fc2.com/ZZZ/Seikotuin/seikotuin.html
スポンサーサイト



コメント

接骨院は必要です。

もしもなくなってしまったら、プレホスピタルレベルのしょうもない腰痛・肩こりを我々が診なければならなくなります。勤務医を疲弊させないために、彼らとこの不正請求は必要悪です。我々現場は文句を言っていません。
だいたい、これを言い出すと、「慢性閉塞性動脈硬化症」とか、「逆流性食道炎」の話が出て来てしまいます。

誰がみるかと、お金の出所

協会病院整形さんのいうように、プレホスピタルレベルのしょうもない腰痛・肩こりを整骨院がみることに異論はありません。
問題は、医療費としてつかされるべき3000億円が、タダのマッサージ代として、使われていることです。
医療費には、限りがあり、これ以上増えないのですから、そういう、マッサージ代は、使う人の自己負担にして欲しいというのが、私の感想です。

医療費について

とてもこの記事同感です。
整骨院は捻挫・打撲の治療などしていません。
今子供がけがをしたらレントゲンのある医師である整形外科行きます。
財政難の中本当に必要な人に医療費が回るように
マスコミや医療関係の人は声をあげるべきです。
整骨院はサービス業、完全に保険を無くせとは言いません。この人たちにも生活がありますから。
最低限医師の診断監督のもとに医師の同意があったら整骨院でリハビリが保険で出来るというような不正が出来ないルールにしてしてしまえばいいと思う。過去に聞いた話では診断権というのは医師だけの特権で医師でない整骨院が独自に診断しているのは医師法に矛盾していると思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://consultanthokkaido.blog103.fc2.com/tb.php/23-deda2d45

 | HOME | 

 

プロフィール

JinDaijirou

Author:JinDaijirou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん